The Akita Chronicle (旧 後ろ向きに前へ)

興味のあることなんでも書こうかなと思います。方向性が決まり次第、一本化します。いやするかも。

1915年8月26日付秋田魁新報 秋田中学 全国高校優勝野球大会準優勝の軌跡 当時の記事書き起こし

大正四年八月二十六日

 

◎秋中野球團の健氣な振舞 敗けても京都軍の萬歳を唱へて別る

大阪朝日新聞主催にかかる全国優勝野球大会に東北を代表して出場せる我秋田中學の選手は既報の如く斯界に関西の覇を唱えつつある山田中學を敗り又老練なる早稲田實業に打勝つたるに拘はらず最後の決戦日にあたりて脆くも京都中學の爲めに敗をとりたるは昨報の如く假令連戦の爲め疲勞せしとは云へ返す返す残念にたまらぬ處なり、然りど雖も亦我選手のよく奮闘して東北を代表して耻ぢざる秋田野球團の存在を天下に知らしめたるの効果は決して没すべからざるものたり、撒くる亦榮……

更に更に相戒めて腕を錬えて他日により偉大なる戦勝を期せざるべからず、さるにても當日我野球團の不幸敗北するや京都軍は口を極めて「フレフレまけ田」と罵り喚めきたるに反して毫も不遜の態度をとらず而かもグランドを退却するに臨み敵の京都軍を祝福して「京都軍萬歳!」を唱和したる雄々しくも優しき心根は實に嘉みすべく、戦ひにこそ敗れたれ十三回の奮闘に唯一點の差!誰れか是れを光榮ある敗北でないと云ふ者やある。而して我選手本日を以て歸着の筈なるが主催大阪朝日新聞社は最後まで努力健闘せるを賞賛し特に選手一同に英和辞林十一冊を贈られたりと左にどうしの決勝短評を紹介すべし

 

要するに此の日の勝負は順當の勝負にしてあれ迄に試合を延長せしめしは寧ろ秋田の善戦せるものと云ふ可し▲總體の上より見る時は秋田は捕手を除く外守備に於て二中に優りしも打撃に於てはそれ以上に劣りし爲め此の敗戦を見るに至りしものなるが概して両軍とも打撃の際焦慮り君あり殊に九回以後に於いては一層焦燥してバンドを利用する事を忘れ見す見す好機を逸し去りたり

1915年8月25日付秋田魁新報 秋田中学 全国高校優勝野球大会準優勝の軌跡 当時の記事書き起こし

大正四年八月二十五日

 

◎在大阪懸人の野球應援

■新たに応援歌を作り

■歓迎旗二旒を贈る

大阪に於て開始されたる全国野球大試合に東北を代表して出場し早稲田實業山田中學の二校を敗りたる我が秋田中學に對し在大阪県人会及び奥羽會は猛烈なる援を與へられたるは二十三日本紙既報の如くなるが縣人会の応援團長は誰れ?灰色ヘルメット帽の刈和野町出身今野謙吉氏にて秋中の爲めに新に左の如き應援歌を作り印刷に附して配布せるのみか特に秋田會より羅紗製巾三尺長さ三間半の三稜星型歓迎旗を奥羽會よりは同巾二尺長さ二間の鉾旒形後援旗を贈りたりと今野団長の消息の一端に「身体はヘナヘナになり随分東京でも彌次をやつたが今回のやうに猛烈にやつたことはない……秋中生を引率各名勝等を案内してやつたが手も顔も眞黒ケノケになりピリピリと痛みを覚え聲は少しも出なくなり糖水を呑むやらうがひをするやらの眞最中……」とあるのを見ても如何に県人会が応援の痛快を極めたるかを推知すべし

打って打って打ちまくり、東北男子の腕前を

天下に示すは此の時なるぞ、奮へ奮へよ秋田軍

猛き味方の勢ひが、向かう處に敵はなし

勝利はすでに我れ手に歸せり、奮へ奮へよ秋田軍

フレーフレーフレー ヤードーメ

守れ守れ堅実に、誠心誠意の後援は

我日の本に比ひ無き、在阪秋田県人会奥羽會も団結し、天下に模範を轟かす

守れ秋田の強者共よ、輝く光を世に示せ

フレーフレーフレー 

 

◎残念!(二對一にて秋中負けた)

幸先よくも関西の覇たる山田中學を美事に負かし再び早稲田實業に打勝つて意氣軒昂の秋中野球部隊は優勝仕合最後の決戦たる京都第二中學との試合は残念ながら二對一にて敗をとりたるが返す返すも遺憾の極み〓

 

1915年8月26日付書き起こし記事はこちら↓

haruki26p.hatenablog.com

1915年8月24日付秋田魁新報 秋田中学 全国高校優勝野球大会準優勝の軌跡 当時の記事書き起こし

大正四年八月二十四日

◎秋中の名誉 大朝主催の全国野球大會に於て秋中は関西の雄たる山田中學に九對一にて勝利の幸先あり次に関東唯一の早稲田實業を三對一にて負し京都第二中學との決戦如何あるべきやを知ざるも既に此丈けにて充分の名譽に遠征の目的を達せしものなりと留守中の生徒は喜び居れり

 

1915年8月25日付書き起こし記事はこちら↓

haruki26p.hatenablog.com

1915年8月23日付秋田魁新報 秋田中学 全国高校優勝野球大会準優勝の軌跡 当時の記事書き起こし

大正四年八月二十三日

 

早稲田對秋田

■彌次團長は洋服紳士

■物凄い応援歌の後援

 

二十日午後二時鋭敏隼の如き早稲田軍に對し底力の知れぬ秋田軍か共に大阪豊中グラウントに立った。

 ▼秋田軍の應援歌 「打たば勝つ秋田の歴史、昇る日の光は充ちぬ、何事ぞ身の程知らで、咄!我に射向ふ彼等……」と物凄い應援歌を後援にして先攻早稲田の打撃を封ぜんものと秋田健児がシートに着いた時兩軍の敵愾心は頂點に達した、さあ斯うなると各彌次團も一通や二通の應援では氣が済まぬと見え試合が進むに従つて「打者が悪い、昼飯を食はせてやれ」だの「秋田のドン百姓!」と罵れば「江戸子のヘナヘナ」ろ嘲り返す尚ほそれでも倦足らぬか「大隈伯が何だ!」と早稲田の親分までを悪口するその秋田方の彌次團長は白い洋服の上着を脱ぎ鼠色のヘルメットをギッチリ手拭でふん縛つた髯の紳士、又早稲田の彌次大将は黒の洋袴に赤シヤツを着け、麦藁帽子を横ちよに冠つた書生さんだ

 ▼秋中先つ一點 早稲田先づ打つて長崎の速球興(くみ)し易しとばかり走者三塁二塁を踏んだが後援意の如く続かず二死となる岡田投手のモーションを盗んで本塁に突入し惜しい所で殺された併し敵をして一時ヒヤツとさせたのは痛快だつた、秋田攻勢を取り渡邊、長崎の二者臼井の怪腕に弄殺されたが鈴木中堅安全球に出た時臼井が牽制球を不用意n一塁手に投げて災禍の種を蒔き小山田の投手ゴロを臼井又もや一塁に悪送球したので手軽に最初の一點を興(あた)へて了つた

 ▼早軍萬事休す 斯して白熱的の緊張は両軍の攻守の裡に益益度を加へて早軍六回の表に石崎四球に出でて入塁すれば秋田亦三回八回に各一點を入れて勝敗の分水嶺を馳せ越え愈々最後の攻撃を物の數かは發矢發矢と受け止めて見る見る敵を葬り去つた腕並は懸軍萬里の出戦に堅き自信を抱き立ちし矢留城の男子の気概を思ふがままに發露し得たというべく早稲田方も有数のバッテリーと訓練されたる技能を持ち乍ら見す見す榮冠を東北健児の頭上に加へしめたのは遣瀬無き憾であろう

 ▼両軍に對する概評 大阪朝日の為せる概評左の如し

両軍の技術攻守共に卓越し中等学校チームとしては眞に稀有の強チームなる上兩者の勢力相伯仲し今次の大會中第一の好試合と云ふを妨げず而して試合前に於ける第三者の興味は早軍のバッテリーの強味に對する秋田の打撃力が如何なる程度まで威力を発發揮し又秋田の投手長崎の重味ある速球に對し早軍の打者が幾千のヒットを飛ばし得るかの二點に集注居りしが如し

△果して試合は活氣に充ち實に緊張せる好ゲームなりしが早軍は初め稍稍敵を侮りてかかり却つて一點を敵に先んぜられてよりは又少しく焦處り気味にて累累失策をなし敵に好機を興へ惹ひて全軍の敗因を招来するに至りたり

△秋田の𢐅点投手の四球と二塁手斎藤の失策とにてそれが爲〓次危機に陥り大に苦戦しも早軍の失策はそれ以上にて殊にタイムリー、エラー多く遂に此の敗戦を見るに至りりしものなるが、就中秋田の一塁手信太が毎回よく守り絶えて失策無かりしに反し早軍の平田一塁手は稍稍緊り方足らず、又早軍の遊撃石井は餘りに明敏に過ぎて却って失策を續出せし傾きあり

△例へば第六回目に一死の時二塁に居りながら功を急りて三塁に犬死し後打者中澤の好打と敵遊撃手の失策あるも尚點を入るるの機會無きに至らしめし事及び第三回目に敵の走者を謀らんとして三塁に暴投し却って敵に一點を得せしめし事等明敏に失して反對に過を多からしめたるに愼む可し

△投手の技量(旧字体)は策謀多き臼井の怪腕に對し火の如き長崎の熱球よく匹敵して殆とど優劣を見ざりしが両軍共に打撃力旺盛なる爲め單に投手の腕一本に敵軍の打撃を封じ以て勝を制するの策に出づる能はず繰り返し云ふ如く秋田は唯敵のタイムリー、エラー多かりしだけの相違にて最近全国を震駭せしめし強敵早稲田實業を撃破し最も光榮ある勝利を得たるものの如し

 

1915年8月24日付書き起こし記事はこちら↓

 

haruki26p.hatenablog.com

 

1915年8月22日付秋田魁新報 秋田中学 全国高校優勝野球大会準優勝の軌跡 当時の記事書き起こし

大正四年八月二十二日

 

三對一にて

秋中早稲田を破る

 

秋田中學對早稲田實業の試合は二十日午後一時より大阪に於て開始されたり共に関東の代表者の事とて頗(すこぶ)る興味を以て迎へられしが秋田は先つ二點を収め早稲田又一點を獲互(えたがひ)に比敵しつつ進み最後に秋田又一點を加へ遂に三對一にて秋中の勝利に歸したり

尚ほ前日山田中學と試合の概況は第一回大会にて山田方の三塁手が敵走者を本塁に詰腹切らせんとして捕手に投せし悪球が見當違ひにすほ抜けて不覚の一點を秋田軍に興(あた)へて劈頭氣勢を揚げしめ山田軍代つて攻め秋田投手長崎の熱球を十字火投球に打撃を封せられて三度振の死屍累々たり

一方秋田勢は三回の表に於て野口が四球に出渡邊第一打者長悍に力を籠めて打つて放ち球は浅く守りし中堅の頭上を越えて二塁打となり野口少年本塁に突貫すれば亦長崎の右翼犠牲飛球にて牙営に躍進し得點三を算ふ更に越えて第四回秋田の猛襲再だび廻り来り

一死満塁の好機を齎(もたら)す山田方の投手おそくも死球を叩きつけて走者を心太(ところてん)押しに押し出して又一點、次の打者斎藤二塁手遊撃手共にバットの備えを立て位置を進めて居る隙を狙ひし斎藤の飛球は二塁の右に安打となり歸雁翼を雙(なら)べし形に二者本陣に驅け込み此時早くも零對六といふ決勝的数字を示す様な破目となり

第五回の終り迄毎回三四の戦士を並べて討ち止められ得點掲示板に〇のの字動かざざりし山田軍は此の形勢にゲームを進め行かば或ひは悲しき零敗の汚辱を受くるに至らんやも知るべからず我人共に其の成行きに注目したるが第六回の裏、山田軍二死にして走者二塁に在り折柄發憤打撃板に立ちしは同球團中の快漢澤山速球魔球何かあらんと畢生の努力を雙手に集め憂飛ばせば熱球唸つて二塁の右を矢の如く飛び此救ひの一撃に置監(旧字体)勇躍長驅して本陣に轉がり込み漸く其辱を脱し得たるは敗れ乍らに聊か自ら慰め得る點ならん

 

大阪朝日の概評左の如し

是も其の實力の上より見て先づ順當の勝負と云ふを得可し、殊に秋田の投手長崎は中等學校チームとしては有数の好投手として大會前より驕名を馳せつつありしが果して此の試合に於て其の眞價を發揮し火の如き熱球と巧妙なるコントロールとによりて殆ど敵軍の打撃を封じ去りしと同時に此の猛投手の下に修練を經たる自餘の選手皆相應応の打撃力を有し毎次山田の投手西川の球を打ち捲りて勝戦の基礎を作りたり、

然るに山田方は何故か最初より意氣揚らず殊に秋田の投手長崎の球は主として速度一方の直球なれば今一層の工夫だに積まばマサカ十餘箇の三振を喫するまでには至らざりしなる可く其のうちに一二本の安打を飛ばして一々度チャンスに遭遇すれば忽ち大に一軍の士氣を振興し假令及ばざる迄も敵塁に肉薄し得たらんものを全試合を通じて安打となりしものは僅かに澤山が第六回目に打ちとばせしゴロの一本あるのみ、他は悉く三振か凡打かに破れて少しも機會を作る能はざりしは遺憾と云ふ可し、

然し主将澤山の活動振りは攻守ともに水際立ち敵の遊撃手小山田に優る事〓等、捕手菊川も亦敵捕手に比し稍優れりと思わるる點少からざりしか大厦の倒潰せんとするや一木一柱のよく支へ得可きものに非ず味方の失策と敵の好打は遂に其の大差を以て配線するの餘儀無きに至りたり、其の他秋田は走塁に於ても山田に比し一日の長あり加ふるい奥羽六縣人会の聲援を負ふて終始旺盛なる元気を持續し殆ど的をして乗ずるの機會無からしむ云ふ


翌日の1915年8月23日付記事書き起こしはこちら↓

haruki26p.hatenablog.com

 

1915年8月21日付秋田魁新報 秋田中学 全国高校優勝野球大会準優勝の軌跡 当時の記事書き起こし

2018年8月21日、第100回全国高校野球選手権大会(通称:夏の甲子園)が終了しました。結果を振り返ると、大阪府代表の大阪桐蔭高校が史上初の2回目春夏連覇を達成しました。

しかし大会の主役をかっさらったのは、説明不要でしょうが、我が秋田県代表の金足農業高校でした。ニュースでは、103年ぶりの決勝進出、第1回大会以来の決勝進出という見出しや説明が躍りました。

そこで、8月末に地元秋田魁新報社1階で開催されていた報道紙面展で展示されていた1914年(大正4年)当時の記事コピーを書き起こしてみました。これは同社が写真撮影OKとしていましたので、閲覧時にスマホで撮影し、後日図書館で詳細を確認したものです。後日、時間が出来ましたら、訳文を加筆する予定です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
大正四年八月二十一日

 

秋中勝つ

九對一の左にて

 

東北を代表して大阪朝日主催の全国優勝野球大會に参加したる秋田中学選手は一昨日午後一時より大阪豊中のグラウンドに於て関西を代表したる山田中学と戦ひ九對一の差を以て集中の勝となれるが昨日は早稲田實業と試合したる筈にして其結果は別報すへし秋田中の選手左の如し

 

投手 長崎 廣   捕手 渡部 純司

一塁 信太 貞   二塁 斎藤 長治

三塁 鈴木 久米治 遊撃 小山田推一

左翼 羽石 信一  中堅 丹 市郎

右翼 野口 眞吉  補欠 土井 繁治

補欠 高橋 巍 

 

1915年8月22日付書き起こし記事はこちら↓

haruki26p.hatenablog.com

金足農業高校野球部3年生川和田優斗君、福井国体でベンチ入り決定報道あり

金足農業の3年生で唯一夏の甲子園でベンチ外だった川和田優斗選手、地元紙の国体出場メンバーに記載あり。9月22日付秋田魁新報紙面。

f:id:haruki26p:20180925113459j:plain

メンバー一覧で名前を確認。